アパートと色々な車

アクセサリーや自動車などのブランドにこだわりをもつように、マンションなどの住居についてもブランドには安心と高品質のイメージが強いので、最近では首都圏を中心に、ブランドマンションの人気が高くなっています。
いわゆる大手デベロッパーが手がけていることが多く、それぞれの独自のブランド名をふせることでビンテージマンションとして希少性を高めることで不動産の資産価値を上げることに貢献しています。

価格帯も1億円を超える物件も少なくなく、賃貸用であっても中心価格帯は30万円弱になっており、一定以上の収入があって初めて生活することが可能で、そこに生活の本拠を置くことは社会的ステイタスにもなっているほどです。
大手デベロッパーにあっても、ブランドマンションのもつブランド力に注目して、ハイグレードの外観と内装を付与することで、それぞれの企業グループのブランディングにも活用されている側面もあります。
そのような背景があるため、それぞれのデベロッパーが手がけるブランドマンションシリーズには、独自のコンセプトを設定しているのが一般的で、それぞれのマンションシリーズには特徴や違いがあります。

一目で高級マンションとの印象をあたえる外装のデザインであったり、華美な印象は控えて周辺の居住環境との調和を重視する意匠を持つものなど、居住する人々が求める性能に応じた設備やデザインなど独自の特徴を持っているのが大きな魅力です。

立地条件も駅直結であったり、駅近に所在しており、交通アクセスが非常に整っているのも、通常のマンションとの違いのひとつ。
各住居ではオール電化キッチンやデスポーザーが完備しているなど、日常生活の家事をより便利で快適なものにする設備が充実しており、女性や主婦などからも高い人気を誇ります。
専有部分の品質が高いレベルになっているばかりでなく、コンシェルジュが常駐し、共用施設もホテル並みに充実しているのも特徴です。
フィットネスルームやいつでも使えるラウンジや保育室なども完備しているブランドマンションも珍しくありません。
居住性と快適な都市生活を約束する充実した共用施設などの快適性を実現しているだけでなく、安全性にも配慮されているのです。
高層マンションでは地震時に高層階では大きな揺れに遭遇する問題が指摘されていますが、免震ダンパーなどを実装しているので安全性も優れています。
このような要素を具備しているので不動産の資産価値が下がることもなく、ビンテージマンションとして希少性を持つのも魅力です。